離婚や相続に関する手続きなどに悩んだときは弁護士をたずねよう

会計監査について

男女

財務諸表の作成

監査のプロである公認会計士の仕事の中でも、特に衆目を集めるものとしてあるのが、会計監査です。上場している株式会社が絶対にやらなければならないこの業務は、財務諸表を作成して公表すること、つまり会社がどういう経営状況にあるのか、それをたくさんの人たちの目に入るところに広げるということなのです。これで、株式投資をしている人たちは株を買ったり売ったりすることを決めます。成長を続ける株式会社の株を買っておけば、あとでその会社が儲けたときに株は大きな価値を持つことになります。ところで、財務諸表の作成自体は、監査のプロである公認会計士の仕事ではありません。損益計算書、貸借対照表などの「お金の出入り」を記した資料をまとめた財務諸表は「決算書」とも呼ばれるもので、作成自体は株式会社が行います。公認会計士の仕事は、財務諸表あるいは決算書を見て、そこに書かれている内容の是非を判断すること。これが会計監査という業務であり、その結果お墨付きが出た決算書は社会に公表され、株の売り買いの材料となるのです。

指導と助言

監査のプロとして、公認会計士たちは会社の指導を行い、助言を授けるという仕事をします。彼らは財務諸表の書き方を知っており、会社が健全と判断されるような状態になるためにはどんな態勢が必要かということも知っています。その知識に基づいた指導と助言が、彼らの生業の大きな部分を占めるものなのです。ただし、あくまでも指導と助言にとどまるということは覚えておきましょう。それにしたがって実際に筆をとり、考え、決定をくだすのは会社自身なのです。